LET関東支部リサーチ・デザイン研究研修部会 第2回研究会のお知らせ◆
〇日時:12月27日(火)14:00-15:30
〇場所:関東学院大学KGU関内メディアセンター M-801教室 (なお,当日は休日ですので,会場の正面ドアが閉じております。側面の時間外入り口よりお入りください。)
〒231-0011 横浜市中区太田町2-23 横浜メディア・ビジネスセンター(YMBC)8F
(みなとみらい線馬車道駅5番出口より徒歩3分、JR・市営地下鉄関内駅より徒歩5分)→
〇講演者:齊藤英介 先生(モナシュ大学 教育学部 専任講師)
〇講演題目:「実践から学ぶ—研究が立ち上がるとき」
〇講演要旨:筆者は、東南アジアを中心に「学びの共同体」に基づく学校改革の実践に関与しつつ研究を遂行している。本発表では、教師たちとのアクションリサーチや聴き取りから得た知見をいかに質的実証研究や概念的研究に結びつけたのかを報告する。

第137回(2016年度秋季)関東支部研究大会
大会テーマ:CLILの現在と今後:日本におけるCLILの実践を考える
主催:外国語教育メディア学会(LET)関東支部
共催:筑波大学 グローバルコミュニケーション教育センター
後援:茨城県教育委員会・つくば市教育委員会
期日:2016年12月10日(土)9:00受付~17:00
会場:筑波大学 グローバルコミュニケーション教育センター
大会プログラムはここからダウンロードできます。⇒LinkIconlet137.pdf

第136回(2016年度春季)関東支部研究大会
大会テーマ:グローバル人材育成:産官学の接点
主催:外国語教育メディア学会(LET)関東支部
後援: 東京都教育委員会,早稲田大学総合人文科学研究センター
期日: 2016年6月18日(土)9:00受付~17:15
会場:早稲田大学戸山キャンパス
大会プログラムはここからダウンロードできます。⇒LinkIconlet136.pdf

関東支部研究大会2008年度-2009年度

関東支部(2008年度) 第120回研究大会

大会テーマ 「学習コミュニティーを生み出す授業」

テーマの趣旨: 学習コミュニティー(learning community)とは、学習者同士で教え合い、励まし合い、時には切磋琢磨しながら、共通の目標に向かって、課題に取り組んでいく学習者の集合体である。
 学習動機を高めるためには自律的な学習を身につけることが重要であるが、その動機づけを維持するためには、学習者同士の共同体意識を高め、学習者の情意に働きかける仕掛けが必要である。 協働(協調)学習の中で学習コミュニティを生み出し、活性化させるために、授業者はどのような工夫をすることができるかを焦点に議論を深めたい。
期 日: 2008年6月7日(土)
会 場: 東洋学園大学 本郷キャンパス(1号館)
〒 113-0033 東京都文京区本郷 1-26-3 
TEL:03-3811-1696 (代) http://www.tyg.jp/
総武線・三田線「水道橋駅」より徒歩7分
丸ノ内線・大江戸線「本郷三丁目駅」より徒歩5分
丸ノ内線・南北線「後楽園駅」より徒歩10分
参加費 会員は無料、非会員は1,000円(資料代)学生も同額。

プログラム
9:30-    受付
10:00-11:10 授業研究(70分)
1.電子ボード(電子黒板)を利用した授業
司会  入江 潤(明星学園小学校)
授業者 岡澤 永一 (暁星小学校)  久埜 百合(中部学院大学)
2.Moodleを利用したLMSと対面のブレンド型授業
  司会  淡路 佳昌(東京学芸大学附属世田谷中学校)
  授業者 宮添 輝美(国際基督教大学)
助言者 神田 明延(首都大学東京)
11:15-12:20 研究発表・実践報告
第1会場 研究発表 司会 狩野 紀子 (拓殖大学)
[1] 「英作文の評価におけるより効果的な客観的指標について」
久保田  章(筑波大学)
[2] 「EFLライティングにおける全体的評価と言語的特徴との関係」
長橋 雅俊(筑波大学)
第2会場 研究発表 司会 二宮 正男 (新宿区立西戸山中学校)
[1] 「音声教材開発のための基礎研究-TOEICテストPart 4の音声分析-」
長田 宣子(早稲田大学)小屋 多恵子(法政大学)下山 幸成(東洋学園大学)
[2] 「ITの活用による生徒の自主性の促進」
関田 信生(東海大学)
第3会場 実践報告 司会 吉成 雄一郎 (東京電機大学)
[1] 「ポッドキャストを活用した英語の授業」
小野 雄一(小山工業高等専門学校)
[2] 「Web 2.0と英語教育-大学生によるポッドキャスト作成-」
安西 弥生(青山学院大学)
第4会場 実践報告 司会 飛田 ルミ(足利工業大学)
[1] 「大学1年生の英語授業におけるMoodleの小テスト・モジュールの活用」
木村 哲夫(新潟青陵大学)
[2] 「すぐに使えるWeb 2.0 ツール」
マルセル・ヴァン・アメルズフォート(神奈川県立外語短期大学)
第5会場 実践報告 司会 小原 平(東京慈恵会医科大学)
[1] 「フォニックスライムによる英語発音訓練の有効性を検証する」
田淵 龍二(ミント学習教室) マイク・キャネヴァリ(マイイングリッシュ)
[2] 「授業を活性化させる様々なデジタルストーリーの試み」
木村 みどり(東京女子医科大学)
12:20-13:30 昼食・展示
13:30-14:10 総会
総合司会   黄金井 健夫 (東洋学園大学)
会場校挨拶  原田 規梭子 (東洋学園大学副学長・英語教育開発センター長)
関東支部長挨拶 見上 晃 (拓殖大学)
14:15-17:05 講演・パネル・ディスカッション
講演 「学習コミュニティーを生み出す授業」
講師  田尻 悟郎 (関西大学)
パネル・ディスカッション
司会 跡部 智(慶應義塾普通部)
討論者 田尻 悟郎 (関西大学)
      阿野 幸一(文教大学)
      椎名 紀久子(千葉大学)
17:10-17:15 閉会の挨拶
副支部長 森田 彰(早稲田大学)
17:30-19:00 懇親会: 5階 食堂
司会  生田 祐子 (文教大学)
  懇親会費 3000円
1) 参加費について
<会  員> 参加費は無料です。2008年度会費(7,000円/学生4,000円)を未納の方は受付で納入してください。
<団体会員> 1団体につき1名が無料で参加できます。2人目からは当日会費を納入してください。
<非会員> 当日会費1,000円(資料代)を受付で納入してください。
2) 録音・録画についてはお断りしています。ご了承ください。
3) ご来場は公共交通機関をご利用ください。
iStock_000005501721Large.jpg

関東支部(2008年度) 第121回研究大会

大会テーマ 「効果的な音声指導」

 今年の夏はWorldCALL 2008に足を運ばれましたでしょうか。充実した発表に満足された事と存じます。さて秋の研究大会ですが、このWorldCALLのため例年とは異なり、関東周辺以外には出ず、横浜で開催することとなりました。音声を重視した授業は私たちが常に心がけていることですが、今回はいろいろな面から再考してみたいと思います。シャドーイングなどを授業に活かすことをお考えなら参考になるのではないでしょうか。非会員の先生もお誘いになって是非お越し下さい。

2008年 9月
外国語教育メディア学会関東支部    支部長 見上 晃

主  催  外国語教育メディア学会(LET)関東支部
後  援  神奈川県教育委員会
期  日  2008年10月18日(土)
会  場  関東学院大学関内メディアセンター
(横浜メディア・ビジネスセンター(YMBC)8F) http://univ.kanto-gakuin.ac.jp/modules/media7/
JR、横浜市営地下鉄「関内駅」から徒歩5分 みなとみらい線「馬車道駅」「日本大通り駅」から徒歩5分
時  程
9:20~ 受 付 8F
9:40~11:10 ワークショップ  「シャドーイング/リピーティングを無理なく行うには」 
講師  新田 晴彦  (専修大学)
シャドーイングもリピーティングも実際にやってみると簡単ではありません。特に話す速度が上がってくると手に負えなくなります。どのようにすればやりやすくなるのか、サポートするPCソフトを用いて対策を考えていきます。(※参加者の方はミニプラグ端子対応のマイク付ヘッドセットをお持ちください)
9:40~11:10 賛助会員によるプレゼンテーション    提供:㈱内田洋行
様々な電子黒板の特徴や、授業での活用を紹介します。
11:15~11:25 開会行事  
総合司会   奥  聡一郎 (関東学院大学)
LET関東支部長挨拶 見上   晃 (拓殖大学)
会場校挨拶 宮崎  道雄 (関東学院大学副学長)
11:25~12:30 基調講演 「今日のコミュニケーション主体の英語教育における音声教育とは」
 ここ四半世紀の間に"Englishes"という言い方を耳にするようになった。「英語たち」である。Kachruなどを始めとし、いわゆる英語はすでに英米(英語圏)の英語だけではない、という主張が台頭しつつある。このような流れの中で、我が国のコミュニケーション主体の英語教育においてどのような態度で音声教育に取り組むべきか、また、効果的な音声指導のありかたなどについて、なるべく具体的にお話をしたい。
司会 奥 聡一郎 (関東学院大学)
講師 御園 和夫 (関東学院大学)
12:30~13:45 昼 食・展 示
13:45~15:25 研究発表・実践報告
第1会場  司会 小原 平 (東京慈恵会医科大学)
13:45~14:15 ①電子黒板を利用した小学校英語授業の諸要件/8年間の実践から田淵 龍二(ミント学習教室)マイク キャネヴァリ(マイイングリッシュ)
14:20~14:50 ②英語音声学授業におけるCALLの利用 小林 篤志(女子美術大学)
14:55~15:25 ③CollabTestを利用し、英語学習がどのように変わったか 南 紀子(創価女子短期大学)
第2会場 司会  吉成雄一郎(東京電機大学)
13:45~14:15 ①Web教材を利用した自律学習指導 跡部 智(慶應義塾普通部)
14:20~14:50 ②モバイルe-Learningの可能性と今後の課題 南井 紀子(国際医療福祉大学)齋藤 智恵(国際医療福祉大学)
14:55~15:25 ③外国語コミュニケーション学習における社会的存在感の効果:対面とビデオカンファレンスの比較 山田 政寛(東京大学)
第3会場 司会 二宮 正男 (新宿区立西戸山中学校)
13:45~14:15 ①教室でのシャドーイング;いつ、どこで、誰に、どのように、何のために? 鈴木 久実(東京都立桐ヶ丘高等学校)
14:20~14:50 ②音声教材開発のための基礎研究(2) -実用英語技能検定(英検)リスニング問題の音声分析- 長田 宣子(早稲田大学) 小屋 多恵子(法政大学) 下山 幸成(東洋学園大学)
14:55~15:25 ③日本人英語学習者の発音におけるハイパーコレクション 佐藤 明彦(拓殖大学)
15:30~17:20  授業研究 
「リメディアル教育における音声指導を中心にした英語授業実践-英検3級リスニング問題からCNNシャドーイングにいたるまで-」
 近年中学2年レベルの英語を音読する能力も身につけないまま大学に入学して来る学生が増えてきました。こうしたレベルの学生を対象として授業を担当し、もう10年が経過しました。今回は2008年度4月から7月までの音読を中心とした授業実践を報告します。最初の教材は英検3級リスニングテストのtranscript。イントラネットに立てた個人サーバーにアップロードした音声教材のページと、音読能力測定ソフトを駆使しました。音読中心の授業づくりを通じて、学生がどのように英語基礎学力を獲得したかをご紹介します。後半は、選択科目における学生たちによるシャドーイングのパフォーマンスと、その指導手順をご披露します。選択科目では、いわゆるリピータが多く、半期・通年で音読指導を十分受けた、いわばthresholdを通過した学生が受講してきます。こうした学生たちがCNNや洋画のtranscriptに果敢に挑戦する姿は実に頼もしいものです。
司   会 飛田 ルミ(足利工業大学)
授業発表者 鈴木 政浩(西武文理大学) 
指定討論者 湯舟 英一(東洋大学)
17:20~17:30閉会行事                         
挨 拶  小原 平 (副支部長・東京慈恵会医科大学)
18:00~20:00懇親会 中華街・珠江飯店(会場まで徒歩15分ほど)            
司 会  湯舟 英一 (東洋大学)
参加者へのお願いとご案内
1) 参加費について
<会   員>参加費は無料です。2008年度会費(\7,000/学生\4,000)未納の方は受付で納入してください。
<団体会員>1団体につき1名が無料で参加できます。2人目からは当日会費を納入してください。
<非 会 員>1,000円(資料代) 学生も同額です。
2) 録音・録画についてはお断りしています。ご了承ください。
3) 駐車場はございませんので車でのご来場はご遠慮ください。
iStock_000002018120Large.jpg

関東支部(2009年度) 第122回研究大会

大会テーマ 「インプットからアウトプットにつなげる指導」

 新学期がスタートしました。皆様お忙しいこととご推察申し上げます。
 今年度1回目の支部研究大会は、私が勤務しています拓殖大学の協力により、東京・文京区茗荷谷の文京キャンパスにて開催いたします。以前八王子キャンパスで開催いたしましたが都心からはなれて遠いとお感じの方もいらっしゃったと存じます。今回は交通の便利な場所にあります。池袋からも至便の地です。
 今回の研究大会では関西支部から関西学院大学の門田先生をお迎えして前回も話題になったシャドーイングや音読の認知心理学的側面をお話いただこうと思います。授業をどうするのか考えていく場合の基本的な知識を作っていけるのではないかと思います。
 またインプットからアウトプットにつなげる効果的な授業についてディスカッションをして明日からの授業を考えていきたいと思います。
 今回も特別に非会員の参加費を1,000円の資料代のみとしています。非会員の先生方もお誘いの上、ご来場いただければ幸いです。また大会後の懇親会も情報交換の場として利用していただければ幸いです。

 2009年5月
外国語教育メディア学会関東支部長 見 上  晃

期    日  2009年6月13日(土曜日)
会    場  拓殖大学 文京キャンパス  (〒112-8585 東京都文京区小日向3-4-14)  丸ノ内線「茗荷谷駅」より徒歩3分 http://www.takushoku-u.ac.jp/
<プログラム>
9:15~  受 付 C館5階
9:45~10:50 研究発表・実践報告 C館4階
第1会場 C403  司会 入江潤 (明星学園小学校)
9:45~10:15  「個人サーバを活用した学内e-learningシステムの構築」 鈴木政浩 (西武文理大学)
10:20~10:50 「コンテンツ・シャドーイングと英語熟達度の関係」 山内豊 (東京国際大学)峯松信明 (東京大学)羅徳安 (東京大学大学院生)川村明美 (東京国際大学)

第2会場 C404  司会 香取久子 (東京電機大学) 
9:45~10:15  「チャンクごとの読解状況を精密に記録する装置の開発と利用研究」 田淵龍二 (ミント音声教育研究所)
10:20~10:50  「短期大学でのTOEIC指導におけるオンライン援用学習に関する研究」 南紀子 (創価女子短期大学)松井義明(バージニア大学大学院生)

第3会場C405  司会 若有保彦 (秋田大学)
9:45~10:15  「ベトナムにおけるメディアと英語教育の現状」 宇佐美昇三 (日本大学)
10:20~10:50  「高齢英語学習者のための授業設計」 皆川晶子 (元拓殖大学大学院生)
11:00~12:20   講 演 C館C501 
「インプットからアウトプットにつなげる指導:シャドーイングと音読の効果」
インプットは第二言語習得に必要不可欠である。インプットされた情報が、適切に知覚、理解、記憶、内在化されてはじめて言語習得は可能となる。このようにインプットが重要であることは言うまでもないが、国際社会における日本人の役割を考えると、海外に向けて発信するアウトプットの能力をいかにつけさせるかが重要である。本講演では、このインプットとアウトプットをつなぐタスクとして、シャドーイング・音読トレーニングの効果を認知心理学の観点から考えていく。
講師紹介 跡部 智 (慶應義塾普通部)
講 師 門田 修平 (関西学院大学)
12:20~13:20
昼 食・展 示          
<昼 食> H館地下の学食は14:00まで営業しております。また、周辺ランチマップを配布いたしますのでこちらもご利用ください。
<展 示> 賛助会員による展示をC館6階にて行っています。
13:20~13:50 総 会  C館C501 
総合司会 佐藤明彦 (拓殖大学)
会場校挨拶  山田政通 (拓殖大学外国語学部長)
LET関東支部長挨拶 見上 晃 (拓殖大学)
14:00~17:15
 パネルディスカッション  C館C501 
「インプットからアウトプットにつなげる指導」
インプットした情報を内在化しアウトプットにつなげるには、音読、パラレル・リーディング、シャドーイングをはじめ、さまざまな指導方法があるが、その効果は学習者要因、特に発達段階により異なるであろう。そこで本セッションでは、高等教育、中等教育、初等教育の各機関で教鞭をとられている3名の先生に、教材選択や機器利用法、指導手順等をご紹介いただき、その実践例を基に効果的な指導法を考えていく。 
司 会 小原平(東京慈恵会医科大学)
指定討論者 門田修平(関西学院大学)
パネリスト 田中深雪(大東文化大学)
淡路佳昌(東京学芸大学附属世田谷中学校)
久埜百合(暁星小学校・中部学院大学)
17:15~17:20  閉会の挨拶   C館C501 
副支部長  湯舟英一(東洋大学)
17:30~19:00  懇 親 会  C館 7階 ラウンジ 
司 会   生田祐子 (文教大学)
申し込みは懇親会費2,000円を当日受付にて承ります。発表者との懇談や参加者同士の情報交換の場としてご活用いただきたく、ふるってご参加ください。
参加者へのお願いとご案内
1) 参加費について
<会   員>参加費は無料です。
2009年度会費(7,000円/学生4,000円)未納の方は受付で納入してください。
<団体会員>1団体につき1名が無料で参加できます。2人目からは1,000円をお支払いください。
<非 会 員>1,000円(資料代) 学生も同額です。
2) 録音・録画についてはお断りしています。ご了承ください。
3) 駐車場はございませんので車でのご来場はご遠慮ください。
OSM08100082.jpg