LET関東支部リサーチ・デザイン研究研修部会 第2回研究会のお知らせ◆
〇日時:12月27日(火)14:00-15:30
〇場所:関東学院大学KGU関内メディアセンター M-801教室 (なお,当日は休日ですので,会場の正面ドアが閉じております。側面の時間外入り口よりお入りください。)
〒231-0011 横浜市中区太田町2-23 横浜メディア・ビジネスセンター(YMBC)8F
(みなとみらい線馬車道駅5番出口より徒歩3分、JR・市営地下鉄関内駅より徒歩5分)→
〇講演者:齊藤英介 先生(モナシュ大学 教育学部 専任講師)
〇講演題目:「実践から学ぶ—研究が立ち上がるとき」
〇講演要旨:筆者は、東南アジアを中心に「学びの共同体」に基づく学校改革の実践に関与しつつ研究を遂行している。本発表では、教師たちとのアクションリサーチや聴き取りから得た知見をいかに質的実証研究や概念的研究に結びつけたのかを報告する。

第137回(2016年度秋季)関東支部研究大会
大会テーマ:CLILの現在と今後:日本におけるCLILの実践を考える
主催:外国語教育メディア学会(LET)関東支部
共催:筑波大学 グローバルコミュニケーション教育センター
後援:茨城県教育委員会・つくば市教育委員会
期日:2016年12月10日(土)9:00受付~17:00
会場:筑波大学 グローバルコミュニケーション教育センター
大会プログラムはここからダウンロードできます。⇒LinkIconlet137.pdf

第136回(2016年度春季)関東支部研究大会
大会テーマ:グローバル人材育成:産官学の接点
主催:外国語教育メディア学会(LET)関東支部
後援: 東京都教育委員会,早稲田大学総合人文科学研究センター
期日: 2016年6月18日(土)9:00受付~17:15
会場:早稲田大学戸山キャンパス
大会プログラムはここからダウンロードできます。⇒LinkIconlet136.pdf

LET関東支部支部紀要

投稿規程(PDF)、編集規程(PDF)、日本語テンプレート(docx)、英文テンプレート(docx)をダウンロードできます。なお、今年度の投稿締め切りは2016年9月30日です。

LinkIcon関東支部投稿規程.pdf
LinkIcon関東支部編集規程.pdf
LinkIcon日本語テンプレート.docx
LinkIcon英文テンプレート.docx

投稿ページへLinkIconLET関東支部紀要投稿ページ

外国語教育メディア学会 関東支部紀要 投稿規程

1.趣旨
 本規程は『外国語教育メディア学会関東支部研究紀要(LET Kanto Journal)』への投稿に関して定めたものである。

2.投稿資格 
 1)投稿者は外国語教育メディア学会関東支部(以下、関東支部)の会員に限る。ただし、共著の場合、筆頭執筆者が関東支部会員であれば、他支部の会員が執筆者に加わることができる。
 2)会員以外の者が共著の執筆者に加わる場合は、掲載決定時に関東支部に入会しなければならない。ただしこの場合、当該者が筆頭執筆者になることはできない。

3.原稿の制限
 1)投稿する原稿は未刊行のものに限る。
 2)投稿する原稿の内容は研究論文および実践報告とする。
 3)研究論文・実践報告の別は、執筆者が投稿時に指定することとする。

4.原稿の様式
 原稿の様式は、外国語教育メディア学会誌Language Education & Technologyに準拠する。詳細については、関東支部ウェブサイト上のテンプレートの指定に従う。

5.原稿の分量
 原稿の分量は和文・英文とも30枚以内とする。

6.投稿方法
 1)原稿はMS Word形式およびPDF形式で保存した2つのファイルを関東支部ウェブサイトの送信フォームを使って投稿する。
 2)原稿の最終ページ(この部分は論文に含まない)に、①「研究論文」または「実践報告」の種別、②住所、③氏名、④所属(本学会に届けているもの)、⑤日中連絡の取れる電話番号、⑥E-mailアドレスを記入する。
 3)採用になった場合は、印刷用の完成原稿を再提出する。

7.投稿期日
 投稿期日は当該年度の6月1日を原則とする。

8.原稿の審査
 1)投稿原稿は、査読者による審査結果を経て、関東支部紀要編集委員会(以下、編集委員会)において掲載可否が決定される。
2)審査の結果、掲載の条件として編集委員会が論文内容の修正を指示する場合がある。

9.著作権
 1)本誌に掲載された論文等の著作権は関東支部が所有する。
 2)本誌に掲載された論文等を、関東支部の許可なく無断で複製あるいは転載することはできない。複製あるいは転載する場合は、紀要発行1年後より、文書による承認の申請を行わなければならない。
 3)複製あるいは転載を行う場合、関東支部は、著作権問題や共著者からの掲載許可取得に関して一切の責任を負わない。

10.規程の変更
 本規定の変更には、関東支部運営委員会の承認を得なければならない。

付則
 本規程は、2016年4月1日より施行する。