LET関東支部リサーチ・デザイン研究研修部会 第2回研究会のお知らせ◆
〇日時:12月27日(火)14:00-15:30
〇場所:関東学院大学KGU関内メディアセンター M-801教室 (なお,当日は休日ですので,会場の正面ドアが閉じております。側面の時間外入り口よりお入りください。)
〒231-0011 横浜市中区太田町2-23 横浜メディア・ビジネスセンター(YMBC)8F
(みなとみらい線馬車道駅5番出口より徒歩3分、JR・市営地下鉄関内駅より徒歩5分)→
〇講演者:齊藤英介 先生(モナシュ大学 教育学部 専任講師)
〇講演題目:「実践から学ぶ—研究が立ち上がるとき」
〇講演要旨:筆者は、東南アジアを中心に「学びの共同体」に基づく学校改革の実践に関与しつつ研究を遂行している。本発表では、教師たちとのアクションリサーチや聴き取りから得た知見をいかに質的実証研究や概念的研究に結びつけたのかを報告する。

第137回(2016年度秋季)関東支部研究大会
大会テーマ:CLILの現在と今後:日本におけるCLILの実践を考える
主催:外国語教育メディア学会(LET)関東支部
共催:筑波大学 グローバルコミュニケーション教育センター
後援:茨城県教育委員会・つくば市教育委員会
期日:2016年12月10日(土)9:00受付~17:00
会場:筑波大学 グローバルコミュニケーション教育センター
大会プログラムはここからダウンロードできます。⇒LinkIconlet137.pdf

第136回(2016年度春季)関東支部研究大会
大会テーマ:グローバル人材育成:産官学の接点
主催:外国語教育メディア学会(LET)関東支部
後援: 東京都教育委員会,早稲田大学総合人文科学研究センター
期日: 2016年6月18日(土)9:00受付~17:15
会場:早稲田大学戸山キャンパス
大会プログラムはここからダウンロードできます。⇒LinkIconlet136.pdf

外国語教育メディア学会(LET)関東支部
2015年度第3回特別研修会のお知らせ

LET関東支部では、下記の通り、本年度の第3回特別研修会を開催いたします。多くの方のご参加をお待ちしております(入場無料、事前申し込み不要、非会員の方も歓迎です)。
日時:2015年10月10日(土) 15:00~16:00
場所:早稲田大学早稲田キャンパス14号館6階 604教室
(東京メトロ東西線早稲田駅から徒歩5分)
LinkIconhttp://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus
講師: 小倉 雅明 氏 (東京大学大学院生)
発表題目: スラングを考える─規範主義・記述主義の観点からの一考察
概要: 辞書に関する規範・記述論争はウェブスター第3版(1961)の前後で大きな盛り上がりをみせ,その後記述主義の時代にあってこのような論争はあまり行われなくなった。しかし規範と記述の関係はBeal (2004)がその連続性を指摘しており,不可分ではなく,その内実は十分に検討されるべきである。本発表ではその連続性の一面を検討するために,スラングに着目する。スラングがどのように捉えられているのかを眺めることで,規範・記述の関係における社会的側面を探ってみたい。

LET関東支部2015年度第2回特別研修会のお知らせ

時: 2015年7月11日(土) 15時00分~16時00分
場所:東洋大学白山キャンパス6号館1階第3会議室
(都営地下鉄三田線「白山」駅徒歩5分,東京メトロ南北線「本駒込」駅徒歩5分,都営地下鉄三田線「千石」駅徒歩8分)
(第3会議室は,講師控室向かって右隣の部屋になります)
http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html
http://www.toyo.ac.jp/room/index_j/c/hakusan/b/6/f/1F/
講師: 長田 實 氏 (有限会社ナヴィ経営研究所代表取締役)
発表題目: 日本人はなぜ英語で苦労しているのか
概要: 「グローバル化時代・高度情報化時代・高度科学技術時代」を迎え,英語が世界を席捲しつつある。海外ビジネス業務及び海外の大学との教育事業交流を通じて,日本人は明らかに苦戦を強いられている現実を体験し,また多く見てきた。産業界で培ってきた問題解決思考法にもとづき仮説を立てて,これらの原因を解析してみた。原因と解決策とおぼしきものが見えてきたので,ご意見をお聞きしたい。
講師略歴:1985年神戸製鋼フアウドラーメンテナンス株式会社社長,1991年株式会社NOVA エクゼクティブディレクターとして語学事業・留学事業を立ち上げ,日本初ネイティブ語学研修システムを確立。Oxford大学他6カ国数十大学との交流と提携・現地大学共催プログラム多数。これまでに個人語学(多言語)研修延べ2百万人,留学生延べ約3万人,企業語学研修約1万5千社,外国人講師延べ2万人採用。1998年NOVAトレーデング株式会社社長。2002年有限会社ナヴィ経営研究所設立,代表取締役に就任。ベンチャー企業コンサルタント多数。過去に東京工業大学,放送大学などで講義を担当。現在は「日本人はなぜ英語で苦労しているか」について研究開発プロジェクト推進中。一方で,世界初「ゴルフボールはなぜ曲がるのか」の力学的証明で関連特許取得。

LET関東支部2015年度第1回特別研修会(授業研究)

日時: 2015年5月9日(土) 14時45分~16時15分
   14時45分~15時45分 クラスアクティビティ
   15時45分~16時15分 授業の振り返りと意見交換
場所:東洋大学白山キャンパス6号館1階第3会議室
(都営地下鉄三田線「白山」駅徒歩5分,東京メトロ南北線「本駒込」駅徒歩5分,都営地下鉄三田線「千石」駅徒歩8分)
(第3会議室は,講師控室向かって右隣の部屋になります)
http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html
http://www.toyo.ac.jp/room/index_j/c/hakusan/b/6/f/1F/
講師: 鬼頭 和也先生(東海大学)
発表題目: TOEFL iBTと「クリエイティブ」「コラボレーション」を取り入れたクラスアクティビティ
概要: 大学入試の改革のひとつに、4技能を評価するための外部試験を導入するとの報告が上がっている。実践的英語教育が求められる中、グローバルスタンダードであるTOEFL iBTテストを活用していくことを検討する大学も出てきている。その一方で、TOEIC大国と言われる日本でのTOEFL iBTの知名度はまだ低い。今回はTOEFL iBTを今後指導される方へ授業内で使用できるETS発案のアクティビティを紹介し、また、参加者の方から意見を伺い、新しいアクティビティを発案することを試みる。参加者の協力のもと、より良い授業にできるよう「クリエイティブ」「コラボレーション」などをキーワードに展開していきたい。

特別研修会

LET関東支部 2014年度第1回特別研修会

日時: 2014年12月13日(土) 15:00~16:00
場所: 東洋大学白山キャンパス6号館1階 第3会議室
(都営地下鉄三田線「白山」駅徒歩5分,東京メトロ南北線「本駒込」駅徒歩5分,都営地下鉄三田線「千石」駅徒歩8分)
(第3会議室は,講師控室向かって右隣の部屋になります)
http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html
講師: 山村 公恵 先生 (東京大学大学院生)
発表題目: 科学英文執筆における妥協と断念の方略に関する考察
概要: 科学分野において研究成果を国際的に発表するためには、英語論文の執筆が必須であり、非英語母語話者の研究者には英文執筆指導が必要である。第二言語による英文執筆については、Hyland(2004)がgenre-based approachに基づくfeedbackの有効性を提唱している。しかし、科学分野を専門としない語学講師には、専門分野の知識の欠如や指導環境により、実践困難な場合がある。そこで、本研究では、科学分野が専門ではない語学講師が、科学英文執筆に対してgenre-based approachの観点からfeedbackを行う際の指導要点を、書き手の内観報告から特定することを試みた。日本語母語話者の理系大学院生に英作文課題を与え、作業の様子を録画し、刺激再生法を用いた面接、半構造化面接及び質問紙調査を行なった。刺激再生法を用いた面接の発話を書き起し、分類した結果、「妥協」及び「断念」と分類できる発話が抽出できた。これらの箇所が半構造化面接においても参加者に強固な記憶として残存していたことから、指導効果と学習効率が高い箇所であることが示唆された。科学分野を専門としない語学講師の場合、個々の書き手の執筆過程や方略を把握することで、genre-based approachに基づく執筆指導を補完できると考えられる。
icon_bl_06.png

特別研修部会

LET関東支部 2014年度第2回特別研修会

日時: 2015年2月14日(土) 15:00~16:00
場所: 東洋大学白山キャンパス6号館1階 第3会議室
(都営地下鉄三田線「白山」駅徒歩5分,東京メトロ南北線「本駒込」駅徒歩5分,都営地下鉄三田線「千石」駅徒歩8分)
(第3会議室は,講師控室向かって右隣の部屋になります)
http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html
講師: 田中 祥子 先生 (東京大学大学院生)
発表題目: 英語の重要性についての大学教員の認識の分析に関する一試案
概要: 本研究は,英語の重要性について大学英語教員にインタビューを行い,その結果を談話分析の手法を用いて分析したものである。先行研究では,同様のインタビューを日本人大学生に行い,英語が現代社会において重要だが,個人の生活においてはその必要性は低いという一見相反する認識を持つことが示された。そこで,今回の研究では,大学英語教員も大学生と同様の認識を持つのかどうかを探り,あわせて談話分析の有効性も検討してみたい。

icon_bl_05.png

特別研修会

LET関東支部 2014年度第3回特別研修会

日時: 2015年3月14日(土) 15:00~16:00
場所: 東洋大学白山キャンパス6号館1階 6103教室
(都営地下鉄三田線「白山」駅徒歩5分、東京メトロ南北線「本駒込」駅徒歩5分、都営地下鉄三田線「千石」駅徒歩8分)
http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html
http://www.toyo.ac.jp/room/index_j/c/hakusan/b/6/f/1F/
講師: 青田 庄真 氏 (東京大学大学院生)
発表題目: 戦後日本における英語教育の政策過程:イシュー・エリアの概観と歴史的要因の分析
概要:本研究の目的は、戦後日本の英語教育政策がどのような決定過程をもち、これまでどのような変化をたどってきたのかを明らかにすること、及び、その変化への影響要因について考察することである。そこで今回、公共政策学におけるイシュー・エリア・アプローチを用いて、質的・量的の両面における分析を行った。本発表では、その分析結果を踏まえ、英語教育というイシュー・エリアの構造的特徴に関して、フロアの方々と議論してみたい。

icon_bl_08.png