LET関東支部リサーチ・デザイン研究研修部会 第2回研究会のお知らせ◆
〇日時:12月27日(火)14:00-15:30
〇場所:関東学院大学KGU関内メディアセンター M-801教室 (なお,当日は休日ですので,会場の正面ドアが閉じております。側面の時間外入り口よりお入りください。)
〒231-0011 横浜市中区太田町2-23 横浜メディア・ビジネスセンター(YMBC)8F
(みなとみらい線馬車道駅5番出口より徒歩3分、JR・市営地下鉄関内駅より徒歩5分)→
〇講演者:齊藤英介 先生(モナシュ大学 教育学部 専任講師)
〇講演題目:「実践から学ぶ—研究が立ち上がるとき」
〇講演要旨:筆者は、東南アジアを中心に「学びの共同体」に基づく学校改革の実践に関与しつつ研究を遂行している。本発表では、教師たちとのアクションリサーチや聴き取りから得た知見をいかに質的実証研究や概念的研究に結びつけたのかを報告する。

第137回(2016年度秋季)関東支部研究大会
大会テーマ:CLILの現在と今後:日本におけるCLILの実践を考える
主催:外国語教育メディア学会(LET)関東支部
共催:筑波大学 グローバルコミュニケーション教育センター
後援:茨城県教育委員会・つくば市教育委員会
期日:2016年12月10日(土)9:00受付~17:00
会場:筑波大学 グローバルコミュニケーション教育センター
大会プログラムはここからダウンロードできます。⇒LinkIconlet137.pdf

第136回(2016年度春季)関東支部研究大会
大会テーマ:グローバル人材育成:産官学の接点
主催:外国語教育メディア学会(LET)関東支部
後援: 東京都教育委員会,早稲田大学総合人文科学研究センター
期日: 2016年6月18日(土)9:00受付~17:15
会場:早稲田大学戸山キャンパス
大会プログラムはここからダウンロードできます。⇒LinkIconlet136.pdf

第135回(2015年度秋季)関東支部研究大会
大会テーマ:外国語教育におけるビジュアル教材と字幕の利用
主催:外国語教育メディア学会(LET)関東支部
期日:2015年11月28日(土)
会場:早稲田大学早稲田キャンパス14号館・16号館
(〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1−6−1)
後援:東京都教育委員会
大会プログラムはここからダウンロードできます。⇒LinkIcon2015letkanto135.pdf

第134回(2015年度春季)関東支部研究大会(2015年6月13日土曜日)

プログラムの訂正⇒研究発表・実践報告(9:45-12:00)の会場が 第4校舎独立館2階D201, D202 に変更になりました。
プログラムの訂正⇒「慶應義塾の教職員と学生は当日会費は無料」となりますが、受付に所属の証明となる学生証などご持参ください。
主催:外国語教育メディア学会(LET)関東支部
共催:慶應義塾大学外国語教育研究センター
期日:2015年6月13日(土)
会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス(東急東横線・目黒線、横浜市営地下鉄グリーンライン 日吉駅 徒歩1分)
LET関東支部研究大会(2015/6/13)の修正版プログラムがダウンロードできます。⇒LinkIcon2015letkanto134p.pdf



関東支部 第133回(2014年度)研究大会

大会テーマ :自宅学習と授業をつなぐ英語教育 ―英語科目における反転授業について考える ―LinkIcon133回大会プログラム

関東支部 第132回(2014年度)研究大会

大会テーマ:外国語の何をどのように教えるか3―語彙学習と辞書指導を考える―

会員・関係者各位
 新緑の候、LET関東支部の会員の皆様もご健勝のこととお慶び申し上げます。
 今年度より支部長を務めることになりました湯舟です。どうぞよろしくお願いいたします。前任の森田支部長体制を引き継ぎ、教育研究活動の活性化と会員サービスの充実を通して、LETが更に魅力的な学術交流の場になるよう、微力ながら職責を果たしていきたいと思います。
 一方、支部運営においても、これまでLETに多大な貢献を果たされてきた黄金井健夫先生と滝本晴男先生が新たに評議員に就任され、また運営委員会も嶋田和成新事務局長をはじめ、若手の新メンバーが大勢加わり、充実した体制で学会運営に望めるものと期待しています。
 さて、今年も関東支部春の研究大会・総会の日程が近づいてまいりました。今回は、「外国語の何をどのように教えるか」シリーズの第3弾として、語彙学習、辞書指導を取り上げます。新学習指導要領では4技能の統合が指導の柱となっています。4つの技能が「技」ならば、語彙はすべてのコミュニケーション活動を支える「力」であり、語彙学習はスポーツで言えば、日々の筋トレのようなものです。当日は著名な辞書編者をお招きして最新の語彙指導の要点についてお話を頂戴し、あわせてiPad等の携帯端末を利用した実践例も紹介しながら、語彙指導のあり方について議論を深めたいと思います。
 非会員の方々もお誘いくださり、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2014年5月
外国語教育メディア学会関東支部長
    湯舟 英一

主  催  外国語教育メディア学会(LET)関東支部
期  日  2014年6月14日(土曜日)
会  場  明治学院大学 白金キャンパス(〒108-8636 東京都港区白金台1-2-37)JR山手線「品川駅」高輪口より徒歩約17分、都営バス6分 東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線 「白金台駅」2番出口より徒歩約7分
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/#shirokane

時  程
◆9:30~ 受付 本館3階
◆9:45~11:05  教材・教授法研究研修部会企画 本館3階1351教室 
「教材作成のポイントと難しさ」
このセミナーでは、皆さんと教材作成の重要なポイントと難しさについて、話し合いをしながら検討していきたいと思います。特に皆さんが執筆者となった場合、どのような構成と内容にするかについて考察するとともに、具体的な教材を用いて分析を進め、日頃使用している教材の背後にある執筆者の教育的な配慮に迫りたいと考えています。
主な内容:
1. 教材作成の意義
2. 教科書のタスクのアレンジ
3. 教師の指導としての教材作成
4. 教育現場のジレンマ
司会 久保田 章 (筑波大学)
講師 小野田 榮 (神田外語大学)
◆10:00~11:40  研究発表 本館3階1352教室 
司会 萓  忠義 (学習院女子大学)

❶研究発表 10:00~10:30
「リーダビリティの原理と速読効果-日本人向けリーダビリティ公式開発」
田淵 龍二(ミント音声教育研究所)
❷研究発表 10:35~11:05
「シャドーイングが英文音読活動に与える影響:発音の正確性と流暢さからの分析」
山内  豊(東京国際大学)
峯松 信明(東京大学)
川村 明美(東京国際大学)
西川  惠(東海大学)
藤田 雅也(HOYAサービス)
加藤 集平(HOYAサービス)
❸研究発表11:10~11:40
「口頭英文再生訓練の学習効果」
大田 悦子(東洋大学)

◆10:35~11:40 実践報告 本館3階1353教室 
司会   佐藤  健(東京農工大学)
❶実践報告10:35~11:05
「歌唱におけるL2錯聴現象:ノイズが聴解に及ぼす影響との関わり」
中田 ひとみ(獨協大学)
❷実践報告 11:10~11:40
「国際交流型恊働クラス開発プロジェクト」
関口 幸代(明治学院大学)
◆賛助会員展示 2号館2階2201教室
2号館2階2201教室では、ブースを設けて、賛助会員による展示を行っております。

◆ランチパーティー(賛助会員プレゼン)  11:55~13:15 インナー広場2階「さん・サン」 
司会 入江  潤(明星学園小学校)
 昼食の時間に、講演者や他の参加者との懇談の場としてランチパーティーを開催いたします。また、賛助会員の皆様に、展示商品についてご紹介いただきます。参加される方は、当日受付にて1,000円をお支払いください。

◆総会・開会行事  13:25~13:55  2号館3階2301教室 
司会  仁科 恭徳(明治学院大学)
LET関東支部長挨拶 湯舟 英一(東洋大学)

◆特別企画 ライトニングトーク 14:00~14:50 2号館3階2301教室 
「語彙学習と辞書指導を考える-メディア利用の可能性-」
 コーパスにもとづく辞書や語彙学習に役立つアプリの実践例を紹介し、語彙学習・辞書指導とiPad等タブレット端末の活用を考えます。具体的には『ウィズダム英和・和英辞典』アプリ版、Quizlet、eCARTA、WebParaNewsなどを取り上げます。
司会  跡部  智(慶應義塾湘南藤沢中・高等部)
講師  西垣 知佳子(千葉大学)
    山内 真理(千葉商科大学)
    仁科 恭徳(明治学院大学)

◆講演  15:00~16:55   2号館3階2301教室 
「語彙指導と辞書指導-コーパス言語学の観点から-」
 近年,コーパスに基づく語彙研究と辞書編纂は、各種コーパスとツールの利用により飛躍的な進歩を遂げています。この講演では,コーパスに基づく語彙研究(特にコロケーション研究)を概観した後,その応用面である英語教育における語彙指導とコーパスを利用した辞書指導についてお話します。
講師紹介  仁科 恭徳(明治学院大学)
講  師   赤野 一郎(京都外国語大学)
◆閉会の挨拶 16:55~17:00 2号館3階2301教室 
LET関東支部副支部長  神田 明延(首都大学東京)

参加者へのお願いとご案内
1)参加費について
<会   員>参加費は無料です。
<団体会員>一団体につき1名が無料で参加できます。2人目からは1,000円をお支払いください。
<非 会 員>1,000円(資料代) 学生も同額です。
2)録音・録画についてはお断りしています。ご了承ください。
3)駐車場はございませんので車でのご来場はご遠慮ください。
4)ランチパーティーについて (会費1,000円)
 大学付近は昼食を取れる場所がそれほど多くありません。校内の学食は当日営業しておりません。昼食の時間に、講演者や他の参加者との懇談の場としてランチパーティーを開催いたします(参加される方は受付で1,000円をお支払いください)。